So-net無料ブログ作成

ジャズ界のゴルゴ13発見! [酒と食の日々]


さて、矢継ぎ早のアップデイトを続けますぞ!


今回の記事はさすがにカテゴリーを変えることにしよう。

福山2日目は……、

海、海、海である。海が好きだー(高瀬号にシールが貼ってある)。

この日は朝8時半出発。まずはとんでもない値段の安いスーパーで食材の買い出し。仕切りは佐藤さんと浜崎航君。浜崎君はプロ級本格的ダイバーなのだ。しかし、単三電池8本セット100円台ってどういうことだ?あれって問題ないの?買わなかったけど。

そして、佐藤氏所有の船で我々は無人島に向かうのである。
SN3G0246.jpg

操舵室はこんな感じだそうだ。ダジャレ。
SN3G0247.jpg

船を操る浜崎君とジーン
SN3G0248.jpg

船首の赤い背中は佐藤さん。
SN3G0249.jpg

ぬのさんも船首で盛り上がる。スキー感覚で最高!全然筋力は使わないけどね(笑)。
P1080416.jpg

気持ちいいー!
P1080417.jpg

あっという間にダイビングスーツに身を包む海の男、浜崎航。まだ我々の目的地より1kmは手前なのに…??
SN3G0250.jpg

無人島が見えて来た!
SN3G0251.jpg

高瀬君はライセンス獲得に向けて気合い充分!
SN3G0252.jpg

ぬのさんも潜ってみるぞ。ジーンちゃん心配そう。
FH000001.JPG

気持ちいいー!
FH000002.JPG

そしてメバル&キジハタの海水焼き、サザエ。
こんな美味い焼き魚あるかってくらい旨かったぞ(思わず、うまいは2つの漢字を使用)。
SN3G0253.jpg

お疲れーーって遊び疲れですけど(笑)。夜はライブだ!
SN3G0254.jpg



さて、写真集いかがでしたか?

この日のライブ前の行動をまとめてみると、

(1)船に乗って無人島でダイビング、スイミング&船上バーベキュー、日本酒、昼寝など。(9時〜17時)。


(2)スーパー銭湯で塩サウナ(17時半〜19時)



最高に楽しい1日だったなあ!!



そして、タイトルの件。


今回の大収穫はジャズ界のゴルゴ13を発見したこと。浜崎航、君は凄過ぎる!


浜崎君は目的地の約1km手前で船を降りて海中に消えた(笑)。そして、石鯛やキジハタなどの高級魚をいつのまにか同伴!潜って○●するのよん。まさにハンター!!それで厳しい岬近くの潮流を乗り越え(泳いで来るんだよ)、僕らの船に合流。それで船上では結構酒も飲む。我々が「メバルようけおるでー」と言うと「ちょっと○●してくるわ(長崎弁。どういう風に言うか忘れた)」と言って今度は何と素潜り小一時間。メバルも大量同伴!超人だね。そして、もちろんその現場は誰も捉えることはできないから証拠はない(笑)。それを海水だけで浜崎流海水焼き。超旨し!


まったく何と言う体力と野性。あまりにスゴイ人なので、ジーンと彼のプロフィールをネットで調べてみると、何と医学部卒業して医師免許も持ってる。たまげた。彼ならこの無人島に残されても生き残れるね。僕は彼を師匠と呼ぶことにしました(笑)。


さて、夜のライブはそんなわけで8時から始まった。その1時間前にはサウナにいたのだが(苦笑)。いやあ、何にも決めないセッションライブ。演奏曲はやる直前にステージ上で決定。身体はヘロヘロでぼーっとしてたけど楽しく演奏できた。ゴルゴは演奏も最高!歌心満載のゴリゴリにスタンゲッツ的な味わいもある。いやーまったく……。


そしてその昔の洗足の学生、片倉真由子。噂には聞いていたが、うま過ぎ!!何やってるかわかんないくらい巧かった。いやあ、刺激を受けました。ちなみに彼女は前日にゴルゴ師匠と海へ行った模様。この日は昼間ちゃんとピアノを弾いたりしていたそうです。こちとらライブ1時間前にサウナにいたのに(苦笑)。


P.S…高瀬裕氏、その日は3本潜り、翌日も800kmドライブ前に潜って無事ライセンス獲得。しかし、ミュージシャンってタフだな(笑)。あと、打ち上げで浜崎師匠がゴルゴ13を読破していることが判明。やっぱりね…。


浜崎航。彼の背後には立たない方が身のためである。

 

 

 

オフィシャル・ブックTHEゴルゴ学

オフィシャル・ブックTHEゴルゴ学

  • 作者: ビッグコミック特別編集プロジェクト
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2000/11
  • メディア: 単行本

 






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0